読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蚊取り線香のおすすめ「人気ショップ」ならコチラ!

ちなみに、蚊取り線香は1巻約7時間。やっぱり夏はこれですね〜。蓋部分の蚊取り線香置きもお気に入りで!あちこち置く際に取り合いになるので!紙箱入りで時々補充しつつ何回かに1回はこの蓋付き缶入りを購入しています。

コスパがいい♪

2017年04月04日 ランキング上位商品↑

蚊取り線香金鳥の渦巻 蚊取り線香 缶(30巻)【金鳥の渦巻き】[蚊取り線香 虫よけ 虫除け 殺虫剤]

詳しくはこちら b y 楽 天

線香立ては付いていない。(3) 丸缶30巻_参考1,144円、販売979円(税込)_1巻あたり約32.6円 ←【本品】蓋を裏返せば、缶ごと安定した蚊取り入れになる。金鳥蚊取り線香でしょう!昨年の秋に買おうと思ってましたが、ドラッグストアでは既に置いてなくて、そうこうしてるうちに冬になってしまいました。(1) 紙箱50巻_参考1,837円!販売1,480円(税込)_1巻あたり約29.6円簡易包装で環境にも優しいし捨てやすい。以来!少々高くてもこの金鳥です。我が家のあたりは元々蚊が多いので!夏は必需品です。昔は缶の蓋そのままが線香置きだった気がするんですが!マイナーながら進歩してるんですね。きちんとビニール袋に入ってきました。また機会ありましたら御願いします!日本の夏に一番似合う蚊取りは、やっぱり金鳥蚊取り線香だと思います。蚊の苦しみを体験できます。こんなものは気休めだと思ってたし!匂いの好みで昨年は他社のものを買ったのですが!TVでキンチョーの工場取材をしていて!蚊が本当に動かなくなっていたのを見て!今年はキンチョーを買いました。。定番のスチール製線香立てが2つ付属。蚊取り入れの上部は隙間が大きいので!室内で使うなら上に物が落ちないように注意。(2) 紙箱30巻_参考1,102円、販売948円(税込)_1巻あたり約31.6円簡易包装で環境にも優しいし捨てやすい。今年は節電もあり、網戸にしていることも多いので蚊取り線香の出番は多いです。煙も出ますが、やはり夏の風物と言うか金鳥蚊取り線香の香りで季節を感じます(アースでは香り的にいただけません)。容量もたっぷり、蓋はグラスファイバー(?)の燃えない線香置きになっていて便利でした。途中で消したい時は、消したい部分を蚊取りの皿の縁に付けておくとか、鉄製のクリップを挟んでおく、ホチキスの針の塊を乗せておく、など皆さん工夫されているようです。他メーカーの似た商品もありますが、伝統的なこちらのパッケージ?が好きで金鳥にしました。でも、喉が痛くなるので、もう少し、匂いと煙の研究をしてほしいです。そして、夏には程遠い地域なのですが、春先にはもぉ虫たちが…迷う間もなく即断!購入しました。作りも頑丈だし持ち運びしやすいので、キャンプや庭作業など外出先で使うのにも便利。ただし!昔の日本家屋のように風を通しながら!もしくは外でも使えるくらい強力なので!間違ってもエアコンをつけた密室等で使わないように。室内で使うのなら、安全の為にも別途専用の線香入れを購入すべきかも。あの臭いは日本の臭いですね。一目惚れで買った蚊取り入れも使いたいし!僅かながらも節電になるしで!昔のように蚊取り線香派に戻りました。定番のスチール製線香立てと!皿型線香立てが1つずつ付属。。その他の違いは以下のとおり。箱に取っ手も付いている。室内で使うなら!別途線香入れを購入するか!最低でも下に敷く皿が必要。さて、金鳥蚊取り線香も色々な形で売られています。蚊取り線香は他にも安いメーカーがあって!買ったことがありますが!臭いが嫌で結局捨ててしまいました。('∇')b 電気式なども息が楽で気にならないだけで、殺虫剤はしっかり吸い込んでいますけどね。アース製薬なども販売していて、そちらの方が少し安かったりもしますが、初めて渦巻き型蚊取り線香を開発し、日本のみならず世界にも普及させた老舗の大日本除虫菊株式会社(金鳥)を私は応援します。結局、1巻あたりの値段差は小さいので購入はお好みで。ヽ(`Д´)ノ 日本の伝統頑張れ!まあ!私もしばらく電気式の蚊取りを使っていたんですけど!ふと蚊取り線香が懐かしくなりまして。季節に関係なく売ってくれますから、ホント、ネットって便利ですよねぇ。微妙な値段差だし中身がどう違うのか!なんて少し気になって。急に暑くなり必要となったため!他商品の購入時に一緒に購入。ちなみに!蚊取り線香のにおい大好き人間だったりします(笑。お香がわりに使えて!蚊も退治してくれたら一番いいんだけど・・。。今回は、画像左から順に、紙箱の50巻と30巻、そして缶の30巻を買って比べてみました。どれも線香は10巻ずつ小分けに包装されていて長持ちしそう。実家のにおいと言うか、妙に安心したりします。